2006 オーパス・ワン を買うにはどこのワインショップが良いの??

ワインの通販ならこのサイト必見>>> 2006 オーパス・ワン 通販の価格、売れ筋、最安値段サイト集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

【酒仙投手・今井雄太郎】
かつて、阪急ブレーブスに、
今井雄太郎という投手が居ました。
今井雄太郎は、無類の酒好きであり、
「酒仙投手」という異名を取っていましたが、
何故、今井が「酒仙投手」と呼ばれるようになったのか、
それには、有名なエピソードが有ります。
今井は、社会人を経て、1971年に阪急に入団しましたが、
生来の、気の優しさが災いし、
ブルペンでは、素晴らしい球を投げているのに、
試合では、その力を充分に発揮出来ず、
何故だか、試合では好投出来ないという悪循環が続いていました。
やがて、今井には「ノミの心臓」、「ブルペンエース」という、有り難くないニックネームが付けられてしまいます。
そんな状態が続き、今井は、入団して数年間は、鳴かず飛ばずでした。
しかし、1974年のある日、
試合前に、当時の投手コーチだった梶本隆夫が、その日に先発する予定だった今井に、こう持ち掛けます。
「今井、今日の試合前に、酒を飲んでから、マウンドに上がれ」
これには、今井も仰天しましたが、
梶本には、ある狙いが有りました。
今井は、ブルペンでは凄い球を投げているのに、試合では、緊張からか、その実力を発揮出来ていない。
それなら、今井の大好きな酒を飲ませてから登板させて、
少しでも、その緊張を和らげてやろう…
というのが、梶本の意図だったと言います。
今井は、半ば、藁にもすがる思いで、その指示に従いました。
すると、その試合では、今井は最初はアルコールが抜けず、とにかく気持ち悪くて仕方が無かったそうですが、
その分、余計な事を考えずに済み、
スイスイと好投してしまい、見事に、勝利投手となってしまいました。
つまり、梶本の作戦が、見事に図に当たったわけですが、
この試合を転機として、
今井は、それまでとは別人のように、
ブルペンでの実力を、試合でも発揮出来るようになります。
やがて、今井は阪急のエースの座を勝ち取りますが、
その後も、今井はしばしば、試合前に酒を飲んでから、マウンドに上がるようになり、
その姿から、「酒仙投手」という異名を取るようになった、との事です。
つまり、今井は、無類の酒好きだったお陰で、プロとしての道が開けたわけですから、
面白いですね。
このエピソードを見ると、人生、何が幸いするか、わからないものだなあと思います。

酸素と水の融合、シリコーンハイドロゲルソフト

 コンタクトレンズを装着時、最も気になる問題はなんでしょう。コンタクトに最も求められる視力矯正力は、病院でしっかりと調べれば、簡単にクリアできますね。だからこそ私は、重要視すべきは装着感だと思います。そして現在、最適レベルのレンズは、なんと言ってもシリコーンハイドロゲルソフトでしょう。
 これは瞳にとって重要な酸素の透過性が高く、水分含有量も高いという、目に負担のないものなのです。 要は、よく水を含んだ、網目のあるスポンジみたいなものですね。酸素を通すから目が赤くなってしまうことも少なく、やわらかいスポンジ、すなわち水に包まれているから、つけた瞬間、違和感に驚くこともありません。こう書くと、従来のレンズではなく、シリコーンハイドロゲルソフトが人気なのも、納得がいくでしょう。
 ただひとつ難点があるとすれば、汚れが付きやすいことでしょうか。しかも脂質汚れが、ということなので、レンズを目に入れる以上、避けられる問題ではありません。丁寧に手洗いをして、清潔を保つほかはないのです。これがやっぱり面倒と感じる人も多いとは思いますね。でも、今までのレンズで洗浄を行っていた人ならば、きっと大差はないですよ。シリコーンハイドロゲル ソフトの着け心地を知れば、ちょっとの手間も頑張れると思うはずです。
 シリコーンハイドロゲルソフトは、今後も絶対に開発が続けられます。視力低下が進んでいる人が多い現代社会において、多くの人を助けてくれる素晴らしいものになって行くでしょう。