ドンぺリを最安値段で買えるサイト教えます!

アマゾン、楽天、ヤフー、パーク、アイテムポストの最安価格と新着在庫が比較できます。ドンぺリ白、ピンドン、ドンぺリエノテ―ク、ドンぺリゴールドの4種類について検索できます。

>>> ドンペリ4種類の価格、通販、最安値段 ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

【ドンペリについて】
ドンペリとは、シャンパンの銘柄の一つ、ドン・ペリニヨンの略称ですが、
非常に、高級な(値段が高い)お酒である、というイメージが有ります。
日本では、バブル絶頂期に、大いに持て囃され、まさに、バブルの象徴のようなお酒になっていますが、
今でも、高級クラブや、ホストクラブなどでは、ドンペリといえば、
1本10万円というような、目の玉が飛び出るぐらいの値段で、出されたりしています。
では、何故、ドンペリはそんなに値段が高いのでしょうか?
酒屋に行けば、そんなに高くもない値段(1本1~2万円ぐらい)で、手に入ったりもする、このドンペリが、
高級クラブや、ホストクラブなどの、いわゆる夜のお店では、とんでもなく高い値段になってしまう事には、何か理由が有る筈です。
味がとても美味しい、という事も、その理由の一つなのでしょうが、
一番の理由は、そのイメージ戦略が、非常に上手く行った、という事なのではないでしょうか。
「007」の主人公である、ジェームズ・ボンドが、ドンペリを愛飲している、という事が、映画の中で描かれているのが、そもそもの発端である、とも言われていますが、
ジェームズ・ボンドといえば、粋でカッコイイ大人の男性の、象徴的な人物ですし、その彼がドンペリを愛しているとなれば、イメージアップには、大いに寄与したでしょう。
ベンツが、高級車の代名詞的存在になったように、ドンペリが、高級なお酒になって行ったのも、長い歴史の中で、いつの間にかそうなって行った、
というのが、結局の所は、事の真相のようです。
つまるところ、ドンペリは、愛用者によって、高級酒に成長して行ったと、私は考えます。

カテゴリー: ドンペリ   パーマリンク