コンタクトレンズは、変身の象徴?

コンタクトレンズを着ける事により、
それまでと、イメージがガラッと変わった、
という人の話は、よく聞きます。
それまで、いつもメガネをかけていた人が、
コンタクトを着けると、
それだけで、印象も変わりますし、
コンタクトを着ける事により、
目が、心なしか、パッチリしたような感じになったりもします。
私自身も、メガネから、コンタクトに変えた時は、
「何か、イメージが変わったね」
と、沢山、言われた事を、思い出します。
また、コンタクトを着けて、
それまでのイメージを一新して、
キラキラ輝くようになった女の子のストーリーなども、
映画やドラマ、小説などでは、
数えきれないほど、沢山有ります。
コンタクトで、変身した人といえば、
かの有名な、ヒラリー・クリントン女史などは、
学生時代は、頭脳明晰ではあったものの、
野暮ったいメガネをかけた、どことなく、
パッとしない外見だったそうですが、
後年、夫(ビル・クリントン)が政治家に進出したのを機に、
髪をブロンドに染めて、メガネをコンタクトに変える事により、
見違えるような、美しい女性になった、
というのも、とても有名な話ですね。
このように、コンタクトレンズには、
人を、輝くばかりに変身させてしまう、
という側面が有るのですが、
だからこそ、コンタクトは、
多くの人に愛され、支持を集めているのかなと、私は思います。
人には、変身願望が有ると、
巷間、よく言われるところですが、
コンタクトレンズこそは、
身近にある変身グッズである、
という事が言えそうです。
そう考えると、コンタクトレンズとは、
とても素敵な物ですね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク