初めて意識した、コンタクトレンズのデータの見方

コンタクトレンズを買うとき、眼科に行くと処方箋をくれますよね。あれって、ちゃんと見たことありますか? 私は何度かコンタクトレンズを買い換えていますが、最初に一度しかありません。いつも、封筒に入れられたそのままを、提携の眼鏡屋さんの店員さんに渡してしまいます。だって、見てもよくわからないんですもの。先生もいちいち説明してくれませんし、店員さんも同じです。もちろん、どちらも聞けば教えてくれるのでしょうから、一番の問題は、私が興味を持っていないということですよね。
しかしそんなある日、ふと、自分の目のことなのに、これはどうなのだろうと思いました。だってこれは、身長体重 を知るのと同じことですよね。そういうわけで、コンタクトレンズの処方箋に関する、様々な専門用語について調べてみました。……とはいっても、今現物はないので、見ているのはパソコンの画面だけなのですが。
BC、ベースカーブは、よく聞きますね。レンズの曲面の度合いを示す数字と書いてあります。要は、どれくらい曲がっているかということですね。PWRが、パワー。コンタクトの度を表していて、数が大きいほど度が強くなる、と。DIAが、ダイアメター。レンズの直径を表す、ということは、これは使用者によって変わるものではないですね。
なるほどと頷いたところで、処方箋がなくても確認できる方法を思いつきました。コンタクトレンズの箱を見ればいいんですね。ちょうど先日、使い捨 てのレンズを買ったんでした。よし、勉強してきましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク