サントリー 山崎25年 シングルモルトを通販で格安に購入できるサイト!!

サントリー 山崎25年 シングルモルト 通販の価格、最安値段サイト集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

【ジャパニーズウイスキーの父・竹鶴政孝】
ウイスキー作りに生涯を捧げ、日本にウイスキーを根付かせ、ジャパニーズ・ウイスキーの父と呼ばれた男、その人物こそが、ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝です。
竹鶴政孝と、その妻・リタの生涯は、NHKの連続テレビ小説『マッサン』でドラマ化され、多くの人達の知るところとなりましたが、
ウイスキーを愛し、ウイスキー作りに情熱を傾け、ジャパニーズ・ウイスキーを生み出した「マッサン」の生涯は、改めて、人々に深い感銘を与えました。

日本にウイスキーが初めて伝わったのは、19世紀の事でしたが、その後も、国産のウイスキーが作られる事はなく、ウイスキーといえば、専ら外来の物しか無かったのですが、
ウイスキーに魅せられた竹鶴政孝は、1918年、24歳の頃に、当時所属していた摂津酒造という会社の命により、ウイスキー作りの本場・スコットランドに渡り、ウイスキー作りを本格的に学ぶ事となります。

彼の地のスコットランドでは、後に生涯の伴侶となる女性・リタとも出会い(ドラマでは、エリーという名前で描かれていましたが)、マッサンこと竹鶴政孝は、
いよいよウイスキー作りに魅せられ、自らの生涯を、ウイスキー作りに捧げる事を決意します。
しかし、当時の日本では、ウイスキーを飲む人も、まだまだ少なく、その良さが認知されているとは言い難い状況であり、
また、ウイスキーを作るための麦を育てる土壌も無く、ウイスキー作りのためのポットスチルも無いという、まさに無い無い尽くしの状態だったのです。
それでも、「ジャパニーズ・ウイスキーを作る!」と、強い決意をしていたマッサンは、現地で結婚したリタと共に、日本に帰国した後、その困難な状況を、一つ一つ、克服して行きます。
サントリーの創業者・鳥井信治郎の元で、ウイスキー作りに励んだり、当時はまだ珍しかった国際結婚で、色々な苦労をしたりと、波瀾万丈の日々を送りましたが、
その辺りの経緯は、ドラマの『マッサン』でも描かれていた通りです。そして、長年の苦労の甲斐有って、
竹鶴政孝は遂に日本製のウイスキーを作る事に成功し、日本中に、ウイスキーを根付かせるという、長年の夢を叶えたのです。
まさに、ジャパニーズ・ウイスキーの父と呼ぶに相応しい、彼の人生ですが、
一つの事に打ち込み、当初の目的を達成した、竹鶴政孝の生き方は、これからも永く語り継がれて行く事でしょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク